女性がついつい男性にお金を渡す理由

例の逆援助って言えば、モテないような男性が、ちょっと遊んでみたいって想うような女性にいろいろお金とか渡したりして、ヤラシイ事とかをする援助交際の逆バージョンと思って下さい。お金がある女性が、素敵だなって想う男性にお金とか高級ブランド品をあげたりして、そしてそのお礼として、その男性からいろんな悩みを聞いてもらったりや、ヤラシイ事をしてもらったりとかで、足りない欲求を満足させて頂いたりするのです。

でもそんな女性って、わざわざ大金や高価な物を渡してまで、男性にいろんな事してもらって、欲求を満たしたいって考えるのでしょうか?やっぱり良い歳した男性ってのは、若い女性といろんな事したいって想っても、そんないろんな事してもらえないから、お金やなんか高そうな物を渡して、相手にしてもらいたいっていう考えは分かりますよ。

でも逆に女性って、そんな物やお小遣いとか差し出さなくても、男性の方からスリスリしながら近寄ってきますし、逆に女性の方がお金とか貰えてしまう立場のはずです。だからそういう男性にたいして援助してあげる女性なんて、なんかあほらしいって思われても仕方ないと思う訳です。しかしお金や高級なブランド品をみすみす渡してしまって、逆援助する女性にだって、ちゃんとれっきとした理由ってもんを兼ね備えているんです。

そんな事聞いてしまったら、逆援助に夢中になってしまっている女性の気持ちって、かなり気になって来ますよね?だから今からこの場所を使って行って、そんな逆援助の行為に対して変に思ってしまって理解出来ない人達に、その女性の切実な想いを伝えて行きますね。

やっぱり特に多いと言われている理由ってのが、全然男性と縁がない女性が、してしまう傾向があるみたいです。例えば顔が本当にイケてないとか、性格がどこも良いとこがないとかがあって、女性として気に掛けてくれなくて、男の人から興味を持ってもらえないって事です。なので普通に男性と接していたのでは、男性と恋愛関係に発展する機会なんてないから、もうお金を使って行くしか方法がないのです。

正直な気持ちを言ってしまいますと逆援助というかたちではなく、その辺に居るカップルみたいな関係でいたいって考えていますよ。でもそんな女性はなかなか無理なので、逆援助でも良いからしてもらって、一緒にいろんな楽しい一時を過ごしたいって感じていますので、その辺の事情をちゃんと理解してあげて欲しいのです。
まだまだあきらめたわけではありません!童貞卒業までの道は意外と短いもの。そう信じてみようじゃありませんか。